JP

--
Shun Komiyama | How to Name the Nothingness 

©Shun Komiyama

「視る」ということは、「名前を認知する」ことに限りなく近い。この世界のものはたいてい、それぞれの名前を所有している。そして、私たちのなかにごく自然と沈殿した経験と知識により、視たものの名前を無意識に思い浮かべて認知する。視認。それは、目に映ったものに無意識に名前を当てはめることによる確認である。それが固有名詞であれ、普通名詞であれ、「名前」をもってして私たちは初めて「視る」に至るのである。つまり私たちは日々、視線を振り分け、そこに映るものに名前を当てはめて世界の認識を広めてゆく。そして判断し、切り取り、選び、写真として結晶にする。 名前のないものは誰も「視る」ことはできない。 自分自身が「視認」することによって生まれた写真たちから、名前を奪う作業を繰り返した。名前を失った彼らを、あなたは視ることができないのかもしれない。或いは経験に基づき名を振り分けて判断するのかもしれない。あなたが此れらの名付け親になるとき、それはあなた自身のアイデンティティなのかもしれない。

Venue | haku 1F art space

Address | 566 Nakano-cho, Shimogyo-ku, Kyoto
 >Google Map

Open | 9/12-9/27 11:00-19:00
Closed: Tue.

Tel | 075-585-5959


< Back

Next >