EN
KG+ select | 元・淳風小学校 2019年4月12日(金)ー5月12日(日)

NEON-SIGN
藤倉 翼|Tsubasa Fujikura

1977年北海道北広島市生まれ、札幌市を拠点に活動
www.tsubasafujikura.com

© Tsubasa Fujikura

藤倉翼は街から消え行くネオンサインを、装飾を廃してストレートに撮影する。ネオンサインはかつて、その場所や地域を象徴する存在で、そこに集う人々や文化を統合したシンボルであった。 印刷技術の進化によって大型のアクリル電飾看板が隆盛を極め、各地のネオンサインは減り続け、今や風前の灯火である。 本作では写真化のプロセスを経ることで、ネオンサインから広告・案内看板という本来の意味を取り除き、それ自体の工芸的価値とアノニマスな職人の芸術性を引き出す。ネオン管職人の技術へのリスペクトと、看板という商業美術の文脈において一時代を築いたネオンサインに対するオマージュに溢れる作品である。

会場風景VR


< 前の作家次の作家 >