EN

08
笠井 享|京都 洛苑考 - 街の息吹 
Akira Kasai|Reconfigured Perspectives of Kyoto ― The heartbeat of the city

1955年生まれ 福岡県出身 京都市在住
http://infoarts.jp/RAKUENKO/index.html

帰路の夜桜 ©Akira Kasai

京都の風景は、この地の長い歴史と文化、そしてここに住む人々の美意識や自然観のこだわりの中で、高い完成度の光景として育まれている。そして京都を表現した写真は、既視の光景への願望に応えるために、多くが予定調和的であり様式的である。そればかりか、そこに暮らす人々、訪れる人々も、往々にして京都らしさを自らが演出しようとするように見えてしまう。 作者は、独自の「視考」で京都を解釈し撮影取材を続け、それを「洛苑考」と命名。シリーズとして個展を展開してきた。2019年の「洛苑考」では、京都の人々の営みの中や、京都を訪れる人々のふるまいの端々と街角のたたずまいを切り取った20余展の写真について、その細部描写と視覚効果にこだわったファインプリントを展覧する。画像処理は、私独自の手法で、RGBやCMYKではなくYCrCbカラーモードを活用したものである。

会場 | ギャラリー270

住所 | 〒602-0862 京都市上京区出水町270 
>Google Map

270, Demizu-cho, Kamigyo-ku, Kyoto

会期 | 4/27-5/5 11:00-18:00
Closed: 水曜日


< 前の会場次の会場 >