EN

06
池谷薫、清水花菜、井上みなみ、中本瑞穂、 隠岐和史、伊藤邑、k.konishi_selfportrait|時代をアーカイブする 
Kaoru Iketani, Kana Shimizu, Minami Inoue, Kazufumi Oki, Yu Ito , k.konishi_selfportrait|To archive the era

©Kana Shimizu

「時代」が変わるという実感を得たことがあるだろうか。

2019年5月から「平成」という元号が終わり、新しい元号が始まる。私たちの生活に、何かしらの変化が生じるような期待めいたものも感じるのだが、一方で、何も変わらないような社会の気風さえ感じられる。しかしこれは、日本という国に住む私たちの中で、歴史のある側面として記される瞬間でもある。

19世紀からの歴史を持つ写真は、写真家達の感性と技法によって、様々な時代を切り取ってきた。そして今は誰もが使える日常のアイテムとなった。安価で簡単な操作によって誰もが”写真家”となり得る時代になったのだ。

近年ではSNSの出現により膨大な量の”アーカイブ”が行われ、またそれらの情報の認識が曖昧になっている現代の流れの中「記録」するという行為が社会とどう接続していくのかを、今を生きる写真家と共に考察したい。

本展では、キュレーターにより7人の”写真家”が選ばれました。そして、そこから抽出した「日常daily」「家族family」「肖像portrait」という三つのキーワードを元に「時代をアーカイブする」ことをテーマにした展覧会を開催いたします。

会場 | マガザンキョウト

住所 | 〒602-8126 京都市上京区中書町685-1 
>Google Map

685-1, Chusho-cho, Kamigyo-ku, Kyoto

会期 | 5/3-6/30 16:00-20:00(土曜日、日曜日 14:00-20:00)
Closed: 火曜日、水曜日

キュレーター| 黒田 純平、山田 毅

協賛| 写ルンです


< 前の会場次の会場 >